ロボット活用ナビ

ロボット導入実証事業について

経済産業省 ロボット導入実証事業

● 2015年2月に日本経済再生本部において決定された「ロボット新戦略」では、「ロボット革命」の実現に向けて、我が国として世界一のロボット利活用社会」を目指すこととしています。

●「ロボット導入実証事業」は、そのような幅広い分野でロボットが活用される社会の実現に向けて、ものづくり・サービスの分野のうち、これまでロボットが活用されてこなかった領域におけるロボット導入の実証や検証(FS)を進めていくための事業です。
ロボット導入実証事業   ロボット導入FS資料
ものづくり分野やサービス分野におけるロボット未活用領域へのロボット導入の実証を行う事業者に対し、当該実証事業に要する費用(ロボットシステムの設部費用、SIerによるシステムインテグレーション費用 等)の一部を補助します。   ものづくり分野やサービス分野におけるロボット未活用領域へのロボット導入を検討する事業者に対し、当該ロボット導入についての実現可能性調査(FS)を行うための費用(SIerによる業務分析、ロボットシステムの検討、費用対効果の算出のための費用 等)の一部を補助します。
◆補助率:大企業1/2、中小企業2/3   
補助上限額:5,000万円
  ◆補助率:大企業1/2、中小企業2/3   
補助上限額:500万円
ロボット実証費用の補助   ロボット導入前の検証費用の補助
A類型
労働生産性の向上
(ものづくり分野/サービス分野)
「ロボット新戦略」が掲げる「2020 年に製造業/サービス分野の労働生産性の伸び率を年間2%以上に向上させる」という目標(KPI)を踏まえ、ロボット導入によって、ロボット導入工程以外も含めた全体の工程の労働生産性を現状から2%以上向上させるもののうち、他の企業や他の分野への波及効果が見込めるもの。
B類型
過酷作業、熟練技能の代替・支援
(ものづくり分野/サービス分野)
高齢者や若者、女性など多様な人材が活躍できるよう、例えば重量物の取扱いなどの過酷作業(苦渋作業、危険作業)や熟練技能を要する作業をロボットによって代替・支援するもののうち、他の企業や他 の分野への波及効果が見込めるもの。
C類型
複雑・困難な作業のロボット化
(ものづくり分野/サービス分野)
例えば柔軟物の取扱いや1つのプロセスにおける多数の作業など、これまでは複雑・困難であるために人にしか行えなかった作業をロボット化するもののうち、他の企業や他の分野への波及効果が見込めるもの。
D類型
三品産業におけるロボット活用
(ものづくり分野)
これまでロボット活用が進んでこなかった三品産業(食品・化粧品・医薬品産業)におけるロボット活用 のうち、他の企業や他の分野への波及効果が見込めるもの。
E類型
サービスのバックヤード等に
おける ロボット活用
(サービス分野)
需要や作業の性質などの観点から、ロボット導入の実現可能性が高いと考えられる分野(例えば、外食や物流のバックヤード、警備等)におけるロボット活用のうち、他の企業や他の分野への波及効果が見込めるもの。
F類型
日常空間におけるロボット活用
(サービス分野)
2020 年に人の身近で作業を行うロボットとして世界に発信できるような、空港や市街地、ショッピングモール、ホテル、飲食店などの日常空間で業務を行うサービスロボットを活用して、ビジネスモデルの検討等を行うもの。
G類型
ロボットによる新たなサービスの実現
(サービス分野)
身体機能や記憶能力、コストなどの面から人には提供できなかった全く新しいサービスをロボットによっ て実現するもの。
H類型
システムインテグレータの機能強化
(ものづくり分野/サービス分野)
SIer が補助事業者と効果的に連携し、業界におけるロボット導入のモデルとなるようなシステムインテグレーションを行い、インテグレーションプロセスの過程における成果物を明らかにするもの。

採択事業者のインタビューをみる

土屋合成 ホーユーウエルディング 明治機械製作所

採択事例紹介 ハンドブックをダウンロードする